テレクラスマクラ
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島




■テレクラとは、今から30年ぐらい前に出現したテレホンクラブの通称

■現在のマンガ喫茶 のようなせまい個室に電話機とビデオが見られるテレビがある。

■男性は入場料をはらって女性からの電話を待つスタイルだった。

■入場料はだいたい1000円/時間で電話を待ちながらビデオ鑑賞できるようになっていた。

■女性はなぜ電話を掛けてくるかというと、店は、最寄の駅前で宣伝用のテッシュをくばって

■それに女性用の電話番号フリーダイヤルを印刷し宣伝している店が多かった。

■そのため 店の近くで待ち合わせが簡単にできた。 女性も男と同じで寂しいんだと気がついた。

■しかし 半分以上はイタ電や飲み屋のねーちゃんの暇つぶしだった。でも待ち合わせできた事も結構あり人生観が変わったときだった

■受付でバイトをしたのもこの時期 客がいない時は電話を取らないとならないので まあ楽しいバイトだった  

■テレクラはメールなどインターネットの普及とともにかげをひそめていったがここ最近 ボイスチャットなど店を構えない営業で復活の兆しがうかがえる。

■現在はスマホでライン スカイプなど簡単にボイスチャットは利用できるが テレクラのような使い方はやめといたほうがいい。

■なぜかというと、テレクラは風営法で営業方法が厳しく決められていたため それを守るかわりにオープンに女遊びができたのである。

■風営法の適用のないボイスチャットはある意味危険かもしれない

■今はどこでもスマホからテレクラ遊びができる スマクラがいいかもしれない
テレクラスマクラ